So-net無料ブログ作成
タイヤ ひび割れ ブログトップ

タイヤ ひび割れ 補修 [タイヤ ひび割れ]

タイヤがひび割れを起こした場合、補修を考える人がいるようですが、補修はおススメしません。

一度ひび割れたタイヤを補修するというのは難しいので、時期を見てタイヤを交換するというのが一番です。

タイヤはゴムですので、使わなくても経年劣化をします。なるべく劣化を緩やかにするような方法はあります。

1.空気圧を適正にする
2.積載量に注意してものをのせ過ぎないようにする
3紫外線や雨から守る

の3点に注意します。

空気圧が適正でないと、タイヤへの負担が大きいですし、積載量が多いとひび割れだけでなくゴムの摩耗しやすくなります。

紫外線や雨もゴムには良くないので乗らない時はガレージなどに入れておくかカバーをかけておく方が良いです。

一度劣化したゴムは元に戻すのは困難なので、運転も急加速、急ブレーキなどの摩耗する運転もしない方が良いでしょう。

タイヤ ひび割れ [タイヤ ひび割れ]

タイヤのひび割れは車に乗っていなくても、購入からある程度年数が経過すると溝が残ってても出てきてしまいます。

ひび割れは主にタイヤの側面、あるいは、タイヤの溝に沿って現れてきます。タイヤの側面というのはゴムが薄く、ひび割れを起こしすい部分です。ですのでひび割れが大きく深くなってしまう前に交換する必要が出てきます。

車の保管場所や使用状況にもよりますが、前回の交換からおよそ4~5年以上年数が経過しているようであれば、ひび割れが出てきている可能性があります。また、暑い夏だとゴムの劣化が激しくなるのでひび割れを起こしやすくなります。

ひび割れが酷い場合はバーストする危険性があるため、溝の残り具合を問わず交換する必要があります。ですので車のタイヤは主に、走行して磨耗したことで交換となるか、または、走行距離が短く溝は残っているが、経年劣化によるひび割れの交換が多くなります。


タイヤ ひび割れ ブログトップ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。