So-net無料ブログ作成
検索選択
タイヤ 交換時期 ブログトップ

タイヤ 交換 値段 [タイヤ 交換時期]

タイヤ交換の値段の相場ですが、1本1000円程度~が相場です。

当日OKで最短30分、タイヤ4本交換・取付が出来る所も地域のショップでは結構あります。

廃タイヤ処理料は324円~540円/1本くらいでしてくれるところもあります。

持ち込みのタイヤの場合は上記にプラスアルファで取られることもありますので、地域のショップをよく確認してみてください。

タイヤ交換  目安 [タイヤ 交換時期]

タイヤ交換時期の目安ですが、走行距離又は年数があります。


車種や走る環境(道路状況)、運転方法などで交換の時期は当然変わってきますが、

一般的には、新品のタイヤのゴムが1ミリメートル摩耗するのに5,000キロメートル
かかると言われています。

走行距離だけを見た場合の交換時期の目安ですが、短いもので30,000キロ、長くても
65,000キロくらいが交換する目安だとされています。

次にタイヤの交換時期を年数で考えた場合ですが、年数が経過すると走行距離を走っていなくてもタイヤのゴムの劣化やひび割れなどが症状が現れます。

早ければ3年から4年でひび割れ等の症状が出てくる場合もありますので、日々のチェックをしておきましょう。

タイヤ 交換時期 [タイヤ 交換時期]

タイヤの交換時期って気になりますよね。そこで今回は素人でも見分けのつく交換時期について調べてみました。

まず、タイヤの交換の時期を見分けるポイントについてですが、

①タイヤの溝をチェック
②タイヤの変形をチェック
③タイヤのひび割れをチェック
④タイヤの年数をチェック

になります。どれか一つでも当てはまる場合、タイヤの交換時期に該当するので、安全確保の為にも必ず交換しましょう。

①タイヤの溝の中に山になっている部分があり、1.6mm以下になると急ブレーキを掛けた場合の制動距離が長くなっているため、早く交換する必要があります。

②次に変形ですが、通常はドーナツ型をしていますが、側面がぽこっと膨らんでいることがあります。これは、タイヤ内部のワイヤーが切れて、タイヤ表面が空気圧により盛り上がってしまう状態です。ですのでこの状態も交換時期に該当します。

③タイヤはゴムでできているため、年数がたつと何をしなくても劣化してきます。タイヤにヒビ割れが発生したままで走行すると、走行中にタイヤが破裂してしまい、大事故に繋がる可能があるため、交換の必要あります。

④交換の年数の目安は5年と言われています。ゴムの劣化が進むと雨の日にタイヤが滑りやすくなったり、タイヤの破裂につながりる危険性があります。タイヤの側面に製造年が確認できるところがあるので事前に確認することをおススメします。

以上がタイヤの交換時期についての目安になります。





タイヤ 交換時期 ブログトップ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。