So-net無料ブログ作成
検索選択
タイヤ パンク ブログトップ

タイヤ 釘 [タイヤ パンク]

タイヤに釘やネジが刺さった場合、どの程度で空気が抜けるかやそのまま走行しても大丈夫なのか気になることはありますよね。そこで今回は走ってもよいか、空気の抜け具合について話をしてみます。

釘やネジがタイヤの側面に刺さってしまっている場合は、短時間で空気は抜けてしまいますので走行はしない方が良いでしょう。タイヤのゴムがボロボロになってしまいます。通常走行している時にタイヤの側面に釘が刺さることは考えにくいのでイタズラなどが考えられます。

次に短期間で空気が抜けるものは、タイヤの溝面に刺さったもので、さびが進行していて表面がはがれやすいもの、斜めに刺さったものとなります。

最後に、気づかずに走れるのは、タイヤの溝面に新品の釘がほぼ垂直に刺さっている状態で、気付かずに走れる場合も多いようです。

タイヤがパンクした際、自分で行える修理キッドで修理をした場合、次回パンクした際は修復は出来ないので、タイヤ専門店やガソリンスタンドで自分のパンクの状態がどういう状態か聞くのが良いでしょう。

因みに交換しなければならないタイヤの状態は
>>タイヤ パンク
の記事にかいてあります。
タグ:タイヤ ネジ

タイヤ パンク [タイヤ パンク]

タイヤのパンクにはさまざまの原因があります。見ただけでは修理が出来るか適切な判断が出来ません。ですので、タイヤのパンクの正しい原因と状況の把握を行いましょう。外見上ダメージが少なくとも、パンクした状態で走行してしまった影響などで、内部ではゴム部分だけでなく、コード類が損傷している場合もあります。こうなってしまうと、修理しても再使用に適しません。

パンク修理はタイヤ販売店や、カーショップ、ガソリンスタンドなどで出来ますし、自分で穴を塞いでパンク修理キットも販売されていますが、大きな穴が空いてしまったパンクのときは、タイヤの交換をしなければいけません。

タイヤ修理できない場合はどういう状況下というと

・大きな穴が空いてしまった場合
・タイヤの内側がボロボロの状態
・タイヤに裂けるような傷が入ってのパンク
・タイヤのゴムの中のコードが切れた時
・スプレータイプのパンク修理剤を使用した時
・パンクした後に空気圧が下がったまま距離を走ってしまった
・ガラスの破片が散らばった場所などを走行

などがあります。
タイヤ パンク ブログトップ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。