So-net無料ブログ作成
タイヤ サイズ ブログトップ
前の5件 | -

タイヤ 荷重指数 [タイヤ サイズ]

タイヤの荷重指数(ロードインデックス)とは、規定の条件下で、そのタイヤ(1本)に負荷できる最大負荷能力(最大荷重)を示す数値のことです。

指数に対して荷重の重さがそれぞれ規定されています。

ヨーロッパ規格と日本規格では荷重指数の表す付加荷重と適正空気圧が変わります。

SUV等はアメリカ規格が適応されている場合もあります。

適正空気圧はタイヤ規格に合わせて充填しましょう。

タイヤ 外径 [タイヤ サイズ]

タイヤのインチアップやインチダウンをする場合、タイヤの外径を調べる必要があります。

下記サイトを参考にしてみてください。
↓↓↓
http://mazda-faq.custhelp.com/ci/fattach/get/61/0/filename/0025.pdf

タイヤ 収納 物置 [タイヤ サイズ]

タイヤをスタッドレスタイヤやスポーツタイヤに履き替えた時って収納に困りますよね。


物置に置くのも幅を取り、邪魔になったりしますし、またとり出すのも他のものがあったりと


面倒なことが多いですよね。


そこで便利なのがコンテナ型のレンタル収納です。

↓↓↓




月々2,520円から借りることが出来るので何かとよいですよ。

タイヤ サイズダウン [タイヤ サイズ]

タイヤサイズアップすることがあってもサイズダウンをするという話は聞いたことはないですよね。

しかし、スタッドレスタイヤの場合、インチダウンをして購入する方も多いようです。

なぜインチダウンをして購入するのか、メリットとデメリットについて解説したいと思います。

メリットは?
・タイヤの価格が安くなる
・ハンドリングが軽くなる
・接地圧が上がる
・轍(わだち)にハンドルが取られにくくなる
・乗り心地がマイルドになる

デメリットは?
・見た目がかっこ悪くなる
・乗り心地が柔らかくなる
・接地面積が減る


タイヤの幅を小さくすると、車の重さが一点に集中するため雪面への接地圧があがります。これにより滑りにくくなるというメリットがありますが、アイスバーンなどではグリップできる面積を大きくしたほうがよいのでデメリットにもなり得ます。


サイズダウンする場合は、メリットデメリットをよく考慮して行いましょう。

タイヤ サイズ 検索 [タイヤ サイズ]

タイヤサイズの適正なものにすることで、燃費や車全体の寿命に影響があるといって過言ではありません。


自分が乗っている車を下記サイトで検索すれば、車種ごとのタイヤとホイールの純正サイズがわかります。


>>タイヤホイールサイズ.com



適正なもの選んで快適な運転生活をしましょう。
前の5件 | - タイヤ サイズ ブログトップ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。