So-net無料ブログ作成
タイヤ 寿命 ブログトップ
- | 次の5件

タイヤ スプレー [タイヤ 寿命]

タイヤの艶出しスプレーをするとタイヤの寿命に影響があるのか心配される方もいるようなので調べてみました。

結論から申しますと、あまりタイヤには良くありません。なぜかというと、タイヤワックスは有機化合物で出来ており、油成分です。この有機化合物は物質への浸透性能があり、タイヤなど多孔質なものへより浸透しやすいためです。タイヤワックスが劣化してくると、雨風などでワックスが流れ出ていく時に、タイヤにある紫外線防止剤なども一緒に流れ出ます。タイヤが持っている保護成分を一緒に流していってしまうので、タイヤワックスは悪影響があるということになります。

しかし、最近はこの油が悪いということも着目されることもあって、タイヤワックスに油分の少ない水性ベースのものや、タイヤワックスに紫外線防止剤が配合されているものもあります。水性ベースのものなら負担も少なく、何よりタイヤを綺麗に見せたいという方は、日頃よく洗車をされ、タイヤの異変にも気づきやすい方だと思います。日頃の点検をする意味でも水性ベースのものを使われるのは良いでしょう。

タイヤ スリップサイン [タイヤ 寿命]

タイヤのスリップサインとはタイヤの限界(溝が1.6ミリ以下)がきたことを警告するサインのことです。スリップサインはタイヤの太い溝の間に一段高くなっている部分です。

スリップサインの出た(残り溝が1.6ミリをきった)タイヤで走行することは、法令で禁止されています。1ヶ所でも1.6ミリまですり減ってしまったら、そのタイヤを使用してはいけません。スリップサインが出る前に、新しいタイヤに交換する必要があります。

タイヤの溝が無くなると制動距離が長くなり、事故を起こす原因になります。新品のタイヤと1.6ミリまですり減ったタイヤの制動距離の差は速度が速くなればなるほど顕著になります。車は鉄の塊です、事故を起こせば自分だけでなく、人にも迷惑が掛かりますので日々の点検でスリップサインが出ていないか確認をしましょう。

タイヤ 寿命 伸ばす [タイヤ 寿命]

今日はタイヤの寿命を延ばす方法についてお教えします。上手くやれば、倍くらい伸びたという話も聞いたことがあるので試す価値はあると思います。

寿命を延ばす方法

・空気圧をこまめにチェックする
タイヤの空気圧は何もしなくても減っていきます。指定より減っているとタイヤが変形し、消耗が加速してしまいます。空気圧が不足すると燃費悪化にも繋がるので1ヵ月に一度は最低見ておきましょう。空気圧を点検すること=タイヤの状態をチェックすることですのでちゃんと行いましょう。

・タイヤローテーションをしよう
後輪駆動(FR)車ではリアタイヤ、前輪駆動(FF)車ではフロントタイヤの消耗が早いですが、消耗の遅い側のタイヤを駆動輪にローテーションを行います。これを行うことでタイヤの消耗が均一化されるので長持ちします。これをするだけでもタイヤの寿命を延ばす効果が期待できます。

・石油系のタイヤワックスを使用しない
洗車をしたらタイヤワックスを塗るとさらに綺麗に見えるので使用している方も多いと思いますが、塗るとタイヤがピッカピカに見える固形ワックスに石油成分が入っている物を使用すると、タイヤにダメージを与えます。特にシワやヒビが入っていると、そこからタイヤ内側に浸透してタイヤの寿命を縮めてしまうので注意しましょう。

・直射日光を避ける
タイヤはゴムなので紫外線が大敵です。出来るだけ、直射日光にさらされないようにするのが理想です。ですので、冬はスタッドレスタイヤに履きかえるような場合は保管する場所などを工夫する必要があります。使っていない間の劣化は紫外線に当てないことでかなり出来るので雨ざらしや日光が当たらない場所で保管しましょう。

・急な操作をしない
急加速や急ブレーキ急ハンドルなどを繰り返すとタイヤの負担が大きく擦り減ってしまいます。ですので、運転する際は、おおらかな気持ちで運転しましょう。タイヤだけでなく、車全体の寿命が伸びますし、燃費も良くなります。

以上の点を気を付けるとタイヤの寿命を延ばすことが出来ますので、是非とも試してください。






タイヤ 寿命 [タイヤ 寿命]

今回はタイヤの寿命について調べたのでお話します。

一般乗用車では、5年をめどにタイヤを点検し、亀裂や損傷、ひび割れなどの劣化がひどければ、まだトレッドの山が十分残ってたとしても、交換することが必要とされています。5年といってもあくまで目安ですから、使用条件や保管状況によっても変わってきます。

また、荷重が大きくかかるトラックやバス、キャンピングカーなどはその年数が短くなり概ね、3~4年くらいが交換時期と言われています。

乗用車でも重い物をよく乗せていれば当然交換時期が早まりますし、冬場はスタッドレスタイヤに変えて保存状況が良ければ長持ちする場合もあります。

日々の点検が重要ということですね。
- | 次の5件 タイヤ 寿命 ブログトップ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。