So-net無料ブログ作成
タイヤ 価格 ブログトップ
前の5件 | -

タイヤ ホイールセット [タイヤ 価格]

タイヤやホイールセットを最近ではネットで購入出来ますが、取付は別なので、近くのスタンドやカーショップで取り付けの依頼を自分でしないといけないことも多いです。

そんなときに便利なのが下記のサービス
↓↓↓


タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】



注文した商品は取付店直送なので、あとは当日に取付店に行くだけで交換してもらえます。

中々便利ですよ。


タイヤ 人気 [タイヤ 価格]

タイヤ 人気売れ筋ランキング(価格ドットコム調べ)を紹介します。

1位 ブリヂストン NEXTRY 155/65R14 75S
2位 YOKOHAMA BluEarth RV-02 195/65R15 91H
3位 YOKOHAMA BluEarth RV-02 205/60R16 92H
4位 ブリヂストン NEXTRY 155/65R13 73S
5位 MICHELIN Primacy 3 205/55R16 91W

どのタイヤも低燃費性能を実現したもので低価格のものでした。

エコタイヤは耐久性の面で劣るところも影響しているかもしれませんね。

タイヤ 買取 相場 [タイヤ 価格]

タイヤを買取してもらう時の相場を知ることが少しでも高く売るコツになることはいうまでもありません。そこで気になるのが、価格の買取相場の調べ方です。タイヤと言ってもメーカーやサイズ、ブランドなどによっても価格はまちまちです。

しかも中古のタイヤであれば、残りのタイヤの溝の状態も価格に影響します。そのため、非常に相場を示しずらいというのが実情です。そこでひとつ、相場の調べ方をひとつ紹介しておきます。ヤフーなどのオークションサイトで出品されているタイヤの価格を参考にしてみてください。そこで自分のブランドのタイヤの取扱いがない場合は仕方ないですがあらかたの相場を調べることが出来ます。

季節変動は車の買取と違いあまりないようですが、スタッドレスタイヤの場合は冬が始まる前の10月の下旬以降11月くらいまで若干高く買取をしてくれるようです。

タイヤは日にさらしてしまうとごむなので劣化してしまいます。ですので、倉庫などで保管しておくことがベストです。


倉庫の検討はコチラから
↓↓↓


タイヤ 買取 [タイヤ 価格]

不要なタイヤが手元に残った場合、どうやって処分したらよいかわからない方も多いと思います。廃棄するにもタイヤの処分するのに自治体ではやってくれないことが多いです。ですので、タイヤを買取業者に買取してもらうか専門業者に引き取ってもらうかしかありません。

売る場合はどうやって売るのか、廃棄する場合はどこで引き取ってもらうのがよいのか詳しく解説します。まず、タイヤ買取についてですが、タイヤやホイールを専門的に扱っている店舗に買取をしてもらうことです。近所にお店がなくても宅配買取をしているところもあります。

メリットとデメリットについてですが、タイヤやホイールに特化して取り扱いをしているため、オリジナルの販売ルートを持っているので、高額買取が可能で、4本セットでなくても買取をしてくれる場合もあります。また、例えタイヤを買取できなくても無料で引取りの対応をしてくれる可能性もあり、無駄なお金をかけずに処分できます。

デメリットは、お店によって買取額が違うので、少しでも高く買い取ってもらおうと思った際は、お店を探したり査定してもらったりと、手間暇かけなければなりません。

ほかの手段としてヤフーオークションなどに出品して、落札者と取引する方法があります。メリットとデメリットを見比べると、購入希望者へ直接販売するので、余計な中間マージンがかからず、高く売れる可能性があります。デメリットは、出品の管理や配送などを自分で行わなければならないので、手間がかかる点です。落札者とトラブルになった場合、自分で対応しないといけないのもネックです。

タイヤを捨てる場合については、最初に紹介したとおり、タイヤは粗大ごみとして出せないことがほとんどです。
ですので、有料で廃棄しなければなりません。

・車を買ったお店・・・無料引取り、1本300円程度
・ガソリンスタンド・・・1本300~500円程度
・不用品回収業者・・・1本700~3,000円程度 
※業者やタイヤの種類などによってまちまち

ですので、タイヤの引き取りは売れなかった又は無料引取りもしてもらえなかった場合の最終手段として考えるのが良いでしょう。



タイヤ 通販 取り付け [タイヤ 価格]

タイヤを通販で購入した場合、取り付けや廃タイヤの引き取りについて考えておかなければなりません。オートバックスやタイヤ館などのカーショップなどの自分のところでタイヤを販売しているところは、持ち込みは出来る場合が多いですが、高い工賃取られます。

タイヤのビジネスはタイヤが売れるところにうまみがあるので自分のところのタイヤが売れない仕事はしたくないからです。

ですのでタイヤを通販で購入する場合は取り付けと廃棄先を確保してから購入した方が良いでしょう。意外と思われますがディラーは持ち込み工賃って設定されていないことが多いです。ディラーで行うのは穴場かもしれません。

車検などを行っている整備屋にタイヤ持ちこんだ時の相場がタイヤの廃棄込みで工賃2500円くらいです。

通販でタイヤを購入する方が間違いなく安く購入できますが、取り付け工賃、廃棄のタイヤの引き取りのことまで考えてから購入するようにしましょう。

前の5件 | - タイヤ 価格 ブログトップ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。