So-net無料ブログ作成
検索選択

タイヤ ひび割れ [タイヤ ひび割れ]

タイヤのひび割れは車に乗っていなくても、購入からある程度年数が経過すると溝が残ってても出てきてしまいます。

ひび割れは主にタイヤの側面、あるいは、タイヤの溝に沿って現れてきます。タイヤの側面というのはゴムが薄く、ひび割れを起こしすい部分です。ですのでひび割れが大きく深くなってしまう前に交換する必要が出てきます。

車の保管場所や使用状況にもよりますが、前回の交換からおよそ4~5年以上年数が経過しているようであれば、ひび割れが出てきている可能性があります。また、暑い夏だとゴムの劣化が激しくなるのでひび割れを起こしやすくなります。

ひび割れが酷い場合はバーストする危険性があるため、溝の残り具合を問わず交換する必要があります。ですので車のタイヤは主に、走行して磨耗したことで交換となるか、または、走行距離が短く溝は残っているが、経年劣化によるひび割れの交換が多くなります。


SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。