So-net無料ブログ作成

タイヤ 空気圧 [タイヤ 空気圧]

タイヤの空気圧が低いとどうなるかを調べてみました。タイヤの空気圧が低いと、乗り心地が悪くなるのはもちろんのこと、ハンドルを取られたりするなど走行時の安定が損なわれるだけでなく、タイヤの接地面積が大きくなって転がり抵抗も大きくなり燃費も大幅に悪化します。さらに、空気の入ってない状態で走行すると、パンクの危険性も高まります。逆に空気圧が高過ぎても直進安定性の悪化や偏摩耗の原因にもなります。ですので指定された空気圧を保つことが大切です。


タイヤの適正な空気圧は一般的に、運転席ドアの開口部に書かれています。わからない場合は、取扱説明書等で確認しましょう。 前後輪で数値が異なる場合もあります。タイヤ内の空気は自然に抜けていくので、少なくとも1カ月に1回くらいで空気圧の点検を行なった方が良いようです。タイヤの空気圧は目視しただけではどれくらい入っているか正確に判断できませんので、必ずタイヤ空気圧を計測するゲージで測定しましょう。

SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。